HOMEへ
サイト内検索
HOMEへ
HOMEへ HOMEへ
 
おもしろグッズから、便利グッズなどなどご紹介します。
音や風で反応する灯りセンサー【光彩灯】は、当社のオリジナル技術が生きています。他にもおすすめ商品がいっぱいです。
トゥイ・キォウの物語 トゥイ・キォウの物語 トゥイ・キォウの物語
ロゴスショップに本が初登場!この物語は、ベトナムで200年もの間にわたって、国民に愛され続けているベトナム文学の金字塔です。原作はグエン・ズー(阮攸。1765〜1820)が中国の通俗小説『金雲翹伝』(清・青心才人編述)から翻案した3,254行の長編詩で構成されているものですが、今回新たに口語・日本語訳で読みやすく編集し、刊行。
著者の佐藤氏が当店店長の同級生ということもあり、ロゴスショップでもお取扱をさせていただくことになりました。

(▲本文挿絵より)
凄惨な意地悪から逃れるため
塀を乗り越えたり

(▲本文挿絵より)
役人に咎められるも、
詩句の才能でその場をしのぐ
トゥイ・キォウの物語
書籍『トォイ・キォウの物語』
価格(1冊)…1,680円
(消費税込・送料込)
■数量を入力して下の
    ボタンを押して下さい
数量
【本の詳細】
原作: グエン・ズー
越英訳・脚注: レ・スァン・トゥイ
英和訳: 佐藤清二、黒田佳子
発行者: 佐藤清二
発売所: 吉備人出版
   
■A5判/上製本/251頁
■定価:1680円(本体1,600円+消費税)
■ISBN4-86069-089-3 C0097
 
【この本について】
「一人のうら若い女性の波瀾万丈の悲しいストーリーに盛られた教訓は小学校から教科書に取り入れられ、ベトナム人はしばしばこの物語の文章を日常会話の中に交える。(『物語ヴェトナムの歴史』小倉貞男著、中公新書より)」
…ベトナムでは、密かな気持ちを打ち明けたり、挨拶をしたり、お祝いの言葉を述べる際に、あるいは相手の才能を試す際に、「トゥイ・キォウの物語」の詩句を用いるという習慣があります。そのくらいベトナム国民の生活に、また心に深く結びついている物語といえます。
 
【著者からのコメント】
この物語は、グエン・ズー(阮攸。1765〜1820)が、中国の通俗小説『金雲翹伝』(清・青心才人編述)から翻案した3,254行の長編詩で、ベトナム文学の金字塔と言われています。『物語ヴェトナムの歴史』(小倉貞男著、中公新書)の中では、「一人のうら若い女性の波瀾万丈の悲しいストーリィに盛られた教訓は小学校から教科書に取り入れられ、ベトナム人はしばしばこの物語の文章を日常会話の中に交える」と紹介されています。
 共訳者で詩人の黒田佳子さんは、「多くの日本人が見失った自分たちの判断の拠り所を考えさせてくれる。登場人物たちの描写は善人も悪人も生き生きとしていて、何度もの翻訳を経ても消えずに、なおも蘇ってくる力強い作品。一人の不運な女性の悲しみに読者も一緒に泣きたくなるような生々しく人間臭い面も、人間の一生を無限の闇にポッカリ漂うカプセルのように感じさせる宇宙感も備えた物語」と巻末に書いています。

翻訳に当たっては、外国人の方や高校生以上の学生諸君など日本語中級の読者にも読みやすいように、平易な表現の散文にするとともに、漢字にはルビを振りました。

この出版事業は、個人的には日越文化交流の促進を意図したものです。日越間では経済・技術交流が進み貿易量も徐々に増えてきていますが、文化面での交流進展も合わせて期待されるところです。『トゥイ・キォウの物語』はベトナム人の心に触れる近道であるとも言われています。是非ご一読下さい。

 
【著者詳細】
佐藤 清二(サトウ セイジ)・訳

《プロフィール》
1959年山形県長井市生まれ。1983年北海道大学大学院工学研究科修士課程修了、運輸省入省。(財)国際臨海開発研究センター研究主幹時代の2002年前後、ベトナムに滞在。2003年より岡山県庁勤務。
(現在、国土交通省勤務。)
 
 
黒田 佳子(クロダ ヨシコ)・訳

《プロフィール》
1945年京都市生まれ。詩人。横浜市在住。1968年立教大学文学部日本文学科卒業。詩誌『焔』同人。著書は『父・井上靖の一期一会』。現在、井上靖記念文化財団発行誌『伝書鳩』を編集。

あらすじ


 物語の舞台は中国・明朝の時代。評判の美人姉妹の姉トゥイ・キォウは、散歩に出かけたとき、桃花真っ盛りの野で、弟・王観の友人で郷里第一の秀才キムチョンと出会い、互いにこころを通わせるようになり、やがて結婚を誓い合う。しかし、キムチョンは彼の叔父が亡くなり、その弔いのために彼女の元を離れて遠い地に旅だってしまう。さらに絹商人に陥れられて、トゥイ・キォウの父・弟は首かせをはめられ、執達吏に家財一切を奪われてしまう。家族の危機を救い、父たちの釈放金を手に入れるため、トゥイ・キォウはキムチョンとの愛をあきらめ、女衒の男に身を売る。男は、トゥイ・キォウを妓楼に売り、絶望した彼女は…

(続きは本文で!)
------------------

…とさわりを書いただけでも韓流ドラマを凌ぐ波乱に満ちた展開なのですが、このあともどんどんすごいことになっていきます。やがて知り合い愛し合った男性の親に、役所に訴えられ、正妻には意地悪で家を焼かれ(!)、挙句の果てには召使いにされ…戦争に巻き込まれるわ、愛を誓い合ったはずのキムチョンは妹と結婚してるわ、もう波乱に満ち満ちた人生のフルコースです。
波乱、てんこもりです。

ですが、この物語はベトナムでは小学校の教科書に一部載っているものですし、もともとが詩句ですのでとても美しい詩が満載です。舞台が中国のお話なので、日本人になじみの深いことわざなども自然に織り込んであって、熱中して読み進めるうちに人生にとって大切なことが、いつの間にか心に刻み込まれています。

 

 
| ご利用にあたって | ご注文・発送・送料・お支払いについて | お問い合わせ |